なんか作って載せます

クマの顔の作成。色はまだ塗りません。

第03回:顔を作る。



 前回は、頭の形を整えました。
 今回から、顔のパーツを作っていきます。


 まずは、クマの耳から作っていきます。
新規オブジェクト

 新しいオブジェクトを追加します。
 右のオブジェクトパネルの「新規」ボタンを押すと、「obj2」が追加されます。
 耳パーツ作成に専念するため、「obj1」の目のアイコンをクリックして非表示にします。

耳パーツ・形の調整

 顔パーツを作った時と同様に、基本図形の立方体を使って形を作っていきます。
 立方体を出し、丸くして、操作パネルの「拡大/縮小」で形を整えます。

顔パーツ表示

 耳の形ができたら、「obj1」を再表示させます。
 そして、「obj1」の目のアイコンの横の空白をクリックし、鍵アイコンを表示させます。
 これにより、「obj1」がロックされて、一時的に「obj1」の点や面が選択できなくなりました。
 これで、耳だけを編集できます。

パーツ移動

 左のコマンドパネルの「移動」をクリックし、画面上の耳をドラッグで囲んで選択状態にします。
 顔のパーツはロックされているので、選択されません。

 そして、作業がしやすいように、「ハンドル」を使って上の方へ移動させておきます。
 「ハンドル」というのは、画面に表示されている赤、青、緑の矢印のことです。
 矢印の先をクリックしながら動かすことで移動できます。
 真ん中にある黄色い部分をクリックしながら動かすと楽でした。

耳・調整

 顔の大きさに合うように、操作パネルの真ん中のアイコンを左右にドラッグし、拡大or縮小して形を調整していきます。

顔にくっつける

 形が調整できたら、再び移動させて顔パーツにくっつけます。

 もう片方の耳も形は同じなので、複製します。
 オブジェクトパネルの「obj2」をダブルクリックし、オブジェクト設定パネルを開きます。

耳・複製

 「ミラーリング」の「左右を分離した鏡面」を選択し、「適用軸」のXがチェックされているか確認し、OKします。

 左右対称のオブジェクトは、ミラーリングを使うことで簡単に作れます。

耳・複製完了

 こんな感じになります。
 「obj1」「obj2」では分かりにくいので、名前を変更しました。名前の変更は、オブジェクト設定パネルにてできます。

 次に、目を作ります。
目を作る

 「クマ耳」を選択した状態で、「複製」ボタンを押します。
 そして、移動距離のZに「100」と入力してOKします。

耳がさらに複製された

 すると、こうなります。

 オブジェクト名を「クマ目」に変更します。
目・調整

 操作パネルを使って、目の形を整えます。
 整え終わったら、目を移動させて顔パーツのちょうどいいところに持っていきます。
 向かって右側の目を調整するだけで、自動で左側の目も調整されます。

鼻を作る

 鼻も同じようにして作ります。
 ただし、目を複製しただけだと二つになっているので、オブジェクト設定パネルのミラーリングを「鏡面を生成しない」にします。そうすると一つになります。

正面から

 正面から見るとこんな感じです。
 なかなかバランスはいいと思います。


 次回はこれに色をつけていきます。


 今回はこれで終わりです。


2012/04/14/Sat 更新

inserted by FC2 system