なんか作って載せます

手足の作成、形の調整、いろいろあってクマ完成です。

第06回:手足を作る。クマ完成。



 今回はクマの手足を作り、クマを完成させます。


 まずは、手を作ります。

手は新規から作る

 オブジェクトパネルから「新規」ボタンを押し、オブジェクト名を「クマ手」とします。
 「基本図形」から立方体を作り、オブジェクト設定の「曲面制御」の「Catmull-Clark」を選び、分割数を「8」にし、丸くします。

手の形を整える

 コマンドパネルから「移動」を選択し、操作パネル真ん中の列のX、Y、Zを使って、形を整えていきます。

ひじを作る

 ナイフコマンドの「接触面を連続切断」を選んで真ん中ぐらいを切り、手の下部分を選択して移動させ、軽く曲げます。

さらに形を整える

 さらにナイフコマンドを使って、手の形を整えていきます。
 これで、手は完成です。


 次は足を作ります。

顔をコピーして足を作る

 「クマ顔」を複製して、「クマ足」とします。
 そして、画像のように形を整えます。

つま先を作る

 まずナイフコマンドで二つに切り、コマンドパネルから「押出」を選択し、画像の面をマウスでドラッグします。
 すると、ぐぐっと面が前に出てきます。

足の形を整えていく

 ナイフなどを使って、足の形を整えていきます。
 本の見本とは若干違っちゃいましたけど、概ねこんな感じなのでこれでいきます。

パーツを全て表示

 クマの各パーツが完成したので、全て表示させます。
 調整しやすいように移動させます。

 その後、手足の大きさを調節して、身体の方へ移動させます。
 そしたら、組み立て開始です。

回転させて角度を調整

 手はそのままでは真っ直ぐなので、コマンドパネルの「回転」を使って角度を調整します。
 青のハンドルをドラッグしたら斜めになってくれました。

 次に、手足が片方ずつしかないので増やします。
 オブジェクト設定の「ミラーリング」から「左右を分離した鏡面」を選択、適用軸がXになっていることを確認してOKを押します。

 両手両足が表示されたら、納得いくまで全てのパーツを調整します。

クマ完成

 身体を少し小さくし、クマ完成です。
 本の見本とはかなり違ってますが、これも一つの例ってことで。

 ちなみに、上にある「Ortho」バーの「点」と「辺」の選択を解除し、コマンドパネルの「表示」メニューの「ZX」と「軸」の選択を解除しています。
 これにより、軸やグリッドを非表示にできます。


 やっと完成しましたね。
 初めてにしてはなかなかのものだと思ってます。
 もっといろいろ作って、早く操作に慣れていかないといけませんね。


 今回はこれで終わりです。


2012/04/27/Fri 更新

inserted by FC2 system