なんか作って載せます

後半、これまでにやった作業の復習みたいな感じでした。

第14回:木のおもちゃを作る。



 前回、車を作る時に使った「面取り」。それにより、メカ的な質感を出せました。
 しかし、木でできたおもちゃを作る場合、角を丸く削った方がそれっぽくなります。
 なので、今回は面取りではなく「曲面制御」を使って作っていきます。


まずはボディーから

 車のボディーになる箱型を作り、曲面制御(Catmull-Clark)の分割数を「8」に設定しました。

ナイフで切っていく

 次に、「ナイフ」で「接続面を連続切断」を選び、全ての辺を二等分します。
 ナイフを入れる回数は3回ですね。

ナイフで切っていく2

 画像のように、外側の辺に向かってナイフを入れていきます。
 そうすると、角が鋭くなっていきます。

ナイフで切っていく3

 その作業を全ての辺で行います。
 これで、角を丸めた箱型ができあがります。

必要のない線を消す

 線だらけで鬱陶しいので、必要な線だけ残してあとは消します。
 ナイフコマンドの「接続辺を連続消去」を選び、消したい線をクリックすると、一周ぐるっと線が消えます。

 上の画像のようになるまで線を消したら、ボディーの作成は完了です。


 次にタイヤを作ります。

 基本図形から円柱を選び、
U方向を8に設定

 曲面制御を使うので、U方向を8くらいにして作成します。

 円柱の上面は、三角形面で構成されています。
 ナイフコマンドの連続切断は、三角形面には使えません。
 こんな時は、「面の押し出し」ダイアログを使います。

 上面の全てのポリゴンを選択して、「Ctrlキー」を押しながら「Eキー」を押します。

 すると、
面の押し出しダイアログ

 面の押し出しダイアログが表示されます。
 押し出し量を「0」、「押し出して出来た側面も選択」のチェックを外して「OK」を押します。

 見た目には何も変わっていないように見えますが、操作パネルで等比縮小してみると、
内側に縮小された辺ができる

 このように、内側に縮小された辺ができます。

Catmull-Clark

 曲面制御(Cutmull-Clark)で曲面化すれば、角が丸められた円筒ができます。

 この側面を、さっき箱型にしたようにナイフコマンドで連続切断して、必要のない線を消すと、
ナイフコマンドで作業

 こうなります。

 これで、タイヤは完成です。


 さて、前回同様、この先の作業工程は本では解説されていないので、完成図を見ながらできるだけ近づけていきます。

 複製、縮小、移動、回転などを駆使して、パーツを組み立てていきます。

 材質の割り当ては、付属CD-ROMのデータを参考にしました。

 そして、
木のおもちゃ完成

 完成しました。

 ……やっぱり、ちょっと本の手本とは違いますね〜。
 でも、大体、こんな感じです。


 複数のパーツを一度に選択して複製するという作業があったので、ちょっと混乱しましたけど、どうにかできて良かったです。


 今回はこれで終わりです。


2012/05/25/Fri 更新

inserted by FC2 system