なんか作って載せます

1つの図形からでも作れるんですね。難しいけど。

第16回:パーツのつながったキャラクターを作る。



 以前作ったクマは、頭、胴体、手足と、別々にパーツを作りました。
 この方法だと作るのも簡単で、ポーズをつけるのも簡単です。

 しかし、今回はあえて、パーツ一体型のキャラクターを作ってみます。
 キャラクターの名前は、「バードマン」だそうです。


 まずは、身体の一部と頭を作ります。

立方体から作り始める

 基本図形から立方体を作成し、オブジェクト「obj1」の曲面制御(Catmull-Clark)の分割数を「4」にして、少し小さくしておきます。

押し出し+回転+移動

 コマンドパネルの「押出」で押し出して頭部となる部分を作って、「回転」と「移動」を使って図のようにします。
 ただ横に押し出すだけじゃ駄目みたいです。

もう一度押し出し+回転+移動

 もう一度同じことを繰り返して図のようにします。

ちょっと押し出して縮小

 少しだけ押し出して、Y方向のみ縮小をかけます。
 押し出した面とその上下の面が同じ大きさになるようにします。
 このへんがくちばしになります。

押し出してくちばしを作る

 3つの面の内、中央と下の面のみを押し出して、位置や角度を調整します。
 図のようにくちばしになります。

 これで身体の一部と頭は完成です。


 次に手を作ります。

手を作っていく

 はじめに作った立方体の横の面を押し出します。

押し出しと拡張縮小を繰り返す

 押し出しと拡張縮小を繰り返し、じょじょに手っぽくしていきます。

指を作る

 手の平から指を伸ばしていきます。

 本の見本とはちょっと違う感じになりましたが、大体こんな感じでいいと思います。


 次回はこの続き、身体と足を作って完成させます。


 今回はこれで終わりです。


2012/06/01/Fri 更新

inserted by FC2 system