なんか作って載せます

「パスワードを入力して下さい」ってのは、よくありますねー。

パスワード(暗証番号)について【EV・コモン】



 扉を開けるためのパスワードとか、金庫を開けるための暗証番号とか、そういうのはゲームにはよくある要素です。
 今回は、それを作ってみようと思います。


 パスワードも暗証番号も、大きく分けて3つのやり方があると思います。

 1つは、正解を選択肢で選ばせる方法。
 これなら、入力する手間も省けますし、作る側としても簡単です。
 これでいい気もしますが、やっぱりちょっとつまらないですね。

 ここでは、残る2つの方法についてやっていこうと思います。


 まずは、キーボードから入力させる方法。

 文字通り、プレイヤーがキーボードで直接パスワードを入力するというものです。

キーボード入力

 文字列変数に代入する文字列を、キーボード入力で決めるよう設定します。
 文字数は適当に5にしときました。半角で5文字まで打てます。

 で、
条件分岐(文字列)

 文字列用の条件分岐にて、当たりのパスワードを設定します。
 ここでは、01234です。

 そして、
パスワード判定

 こんな感じにしとけばOKです。
 これで、パスワードが正解の時は「アタリ〜。」、違う時は「ハズレ〜。」と表示されます。

 それと、
パスワード入力位置

 画像の下の方に縦棒がありますね。ここが、デフォの入力位置です。
 この位置を変えられないかな〜とか思うじゃないですか。

 もちろん、変えられます。

パスワード入力位置変更はシステム変数で

 変数操作でSys40とSys41を選び、表示したい座標を入力します。前者がX座標、後者がY座標です。
 ここではとりあえず、両方共10にします。
 この2つを、文字列変数(キーボード入力)の前に入れます。

 これでやってみると、
パスワード入力位置変更後

 はい、入力位置が上の方になりましたね。

 位置を戻したい場合は、元の座標の数値をまた代入してやればいいです。
 たぶんですが、元の座標は(X75,Y200)です。

 キーボードから入力させる方法はこれで終わり。


 次は、0〜9の数字を選択させる方法について。

 そういう機能がウディタに標準でついていればいいんですが、無いんですよね。
 ですから、自分で作る必要があります。コモンイベントで作ります。

 よくある、一桁ずつ上下キーで数字を決めていくタイプのやつを作ります。
 桁数は、とりあえず4桁で。

 流れとしては、一桁ずつ上下キーを使って数字を選択し、全て決まったら決定キーを押して暗証番号が合っているかどうかを判定、合っているか否かでイベント分岐って感じですね。

 起動すると、こんな感じで表示されます。
起動画面

 上下キーで、各桁の数値変動、左右キーで桁移動です。決定キーで結果を算出し、イベント側に返します。

 コモンの内容を一部載せていきます。
 まず、一番初めに4桁分の変数を用意し、それぞれ初期化しておきます。これにより、初期表示は全桁「0」になります。
処理内容1

 カーソル位置変数も用意して、初期化しておきます。

 そうしたら、ループの中での処理に入ります。
 ウィンドウ、カーソル、各桁の数値表示。これらを、キー入力の前に入れました。
 次は上下左右キーの処理で、上下キーの時は、カーソル位置変数によってどの桁なのかを判別し、数値を変動させます。
 左右キーで、カーソル位置変数を動かします。それにより、カーソルのX座標も動きます。

 入力し終えたら、決定キーを押します。
処理内容2

 コメントにも書いてある通り、4桁目を1000倍、3桁目を100倍、2桁目を10倍して、全桁足し算します。足し算の答えが入力した暗証番号となります。
 セルフ変数36番が結果としてイベント側に返るようにしてあります。

 そして、マップイベント側の内容はこう。
処理内容3

 イベント側で、答えを決めておきます。これを乱数でランダム化するのとかも面白そうですね。
 で、セルフ1にコモン側で出した結果が代入されます。
 そして、セルフ0とセルフ1が一致しているかどうかを判定し、それぞれの処理を行うという感じですね。

 数字を選択させる方法はこれで終わり。


 以上、3つの方法でした。
 それほど難しいものではないので、慣れればすぐに作れるようになると思います。


 今回はこれで終わります。


2012/05/20/Sun 更新
2013/09/07/Sat 内容修正

inserted by FC2 system