なんか作って載せます

自分なりに、公式のガイドを補完してみます。第8弾。

メニューに自作コマンドを入れる【勝手に補完】



 公式サイトの「ウディタ パーフェクトガイド」より、「メニューに自作コマンドを入れたい」を勝手に補完してみます。



 ※ この項目は、すでにパーフェクトガイドに追加されています。⇒こちら(執筆者:ウディタ公式ガイド執筆コミュ。様)
   ちゃんとした解説をご覧になりたい方は、上記のリンクから移動して下さい。



 基本システムのメニューには、「アイテム」や「特殊技能」などのコマンドが並んでますね。
 ここに、自分で作ったコマンドを入れようというのが、今回の内容です。

 これを説明する上で最も簡単な例は、「相談」コマンドだと思います。
 何もいじってない場合、「アイテム」の上に「相談」コマンドがあるはずです。
 言ってしまえば、これが自作コマンドに相当します。


 とりあえず、ユーザーDBタイプ17「システム設定」を開いてみて下さい。
システム設定

 項目11「特殊メニューA名称」のところに「相談」って入ってますよね。
 で、その下、項目12「特殊メニューA呼出コモン」のところに「[212]:相談コマンド[コモンEv]」ってあります。
 これはコモンイベント212番の意味で、メニューから「相談」コマンドを選択した時、コモンイベント212番の内容が実行されるということを表しています。

 では、コモンイベント212番を見てみましょう。
コモンイベント212・内容

 文章が2列あるだけの、簡潔な内容です。
 この文章の内容を変更して、自分で作ったゲームに対する説明が聞けるコマンドにするというのが、簡単な使い方かなと思います。
 もしも「相談」コマンドをそのまま残すのであれば、の話ですが。


 ちょっと横道にそれたので、本題に戻ります。

 自作のコマンドをメニューに入れる手順ですが、まずは自作コマンドの内容となるコモンイベントを作ります。
コモンイベントを作る

 次にユーザーDBタイプ17「システム設定」の項目11と12を設定し、項目3〜10のいずれかに「[10]特殊メニューA」を設定します。
システム設定で登録

 そうすると、メニューに自作コマンドが表示されます。
自作コマンド完成

 自作コマンドの登録は、4つまで可能です。
 ユーザーDBタイプ17「システム設定」の項目11〜18番を見れば分かるとは思いますが。

 もちろん、コマンドの順番は項目3〜10の内容をいじれば簡単に変えることができます。


 ちなみに、上の画像ではメニューやキャラクター欄などがそのまま残った状態でメッセージウィンドウが出てしまっていますが、それらを全て消してからメッセージウィンドウを出すことは可能です。

メニュー非表示&表示

 こうすれば、一旦メニューやキャラクター欄を非表示にしてメッセージウィンドウを表示させた後、メッセージウィンドウを閉じればメニューやキャラクター欄が再表示されます。
 ほかにも方法はあるかもしれませんけど、私はこれしか知りません。


 今回はこれで終わります。


2012/07/22/Sun 更新
2013/09/14/Sat 内容修正
2013/10/12/Sat 内容修正

inserted by FC2 system