なんか作って載せます

自分なりに、公式のガイドを補完してみます。第14弾。

もっと楽にマップ画面をスクロールさせたい【勝手に補完】



 公式サイトの「ウディタ パーフェクトガイド」より、「もっと楽にマップ画面をスクロールさせたい」を勝手に補完してみます。



 ※ この項目は、すでにパーフェクトガイドに追加されています。⇒こちら(執筆者:ウディタ公式ガイド執筆コミュ。様)
   ちゃんとした解説をご覧になりたい方は、上記のリンクから移動して下さい。



 スクロールっていったら、ウィンドウ横のスクロールバーを動かしますよね?

 この右の、マウスポインタが乗ってるのが、スクロールバーです。
スクロールバーはエディターの右端と下端

 縦横それぞれにスクロールバーがあるので、それをクリックして上下左右に動かせば、マップのスクロールができるはずです。

 これより楽にってことは、たぶんこれ、結構大きなマップを想定してますね。

 じゃあ、30×30マスのマップでやってみましょう。

マップ1分の1(等倍)表示

 このマップには、4つのイベントがあります。
 それぞれが、マップの四つ角に配置されていますが、マップが大きいのでスクロールしないと見えません。

表示サイズ変更は4タイプ

 上のメニューの下に、「1/1」とか「1/2」とかいうボタンが並んでいます。
 初期状態では、「1/1」で表示されます。

 これを「1/2」にしてみましょう。
マップ2分の1表示

 すると、マップが2分の1サイズで表示されるようになります。
 右端にあるイベントが見えましたね。
 これで、横にスクロールする必要はなくなりました。

 では、さらに小さく「1/4」表示にします。
マップ4分の1表示

 4分の1サイズで、左下と右下のイベントも表示されるようになりました。
 これで、縦横のスクロールを使わずにマップ全体が見えるようになりましたね。

 このように表示自体を小さくすることで、スクロールさせる手間を省く。
 これなら、ある程度大きめのマップであっても、スクロールは楽になると思います。


【ここから追記】
 ……ただ、どうやらこれじゃないらしいですね。
 なんと、マウスの真ん中にあるホイール(中ボタン)を押しながらドラッグすることで、マップをひょいひょいスクロールさせられるじゃありませんか。
 こんな簡単なことだったんですね……。


 今回はこれで終わります。


2012/08/12/Sun 更新
2013/09/14/Sat 内容修正

inserted by FC2 system