なんか作って載せます

今月(10月)は、思いつきシリーズでいきます。第7弾。

すり抜けられる壁を作る【EV】



 通れないようで、実は通れる。壁のように見えて、実は通路。
 そんな仕掛けを作ってみようと思います。

 パッと思いついた2通りの方法でやってみますね。
 どっちも、どことなく無理矢理な感じですけど。

 用意したマップはこれ。キャラ左横の黒いのが壁です。
用意したマップ

 縦3マスの真ん中のマスを、すり抜けられる壁とします。


 まず1つ目は、壁を調べる方法。

 壁に、マップイベントを配置します。内容は以下。
マップイベント

 これで、壁を調べると自動的に壁をすり抜けます。
 動作指定で、「すり抜けON」と「すり抜けOFF」を入れておくのがポイントです。

 しかし、これだけでは、すり抜けた側から壁を調べると、また左側へ移動してしまいます。
 そこで、壁を調べた時のキャラクターの向きが重要となります。

 こうします。
マップイベント・改

 これで、壁のどちらから調べても、挙動は正確になります。
 ちなみに、パーティが1人じゃない場合は、イベントコマンド「E パーティ画像」の「特殊処理」から、「仲間全員を主人公の位置にワープ」を選んで、「パーティ全員の透明を解除する」の上に追加しといて下さい。それで問題無いはずです。


 もうこれでいいんじゃないかなとも思いますが、普通に歩いて通り抜けたいという人もいるでしょう。
 その場合、ちょっとマップチップの設定をいじる必要があります。
タイル設定・前

 壁のマップチップは、ポインタが乗ってるやつです。オートタイルですね。
 「×」になっているので、通行不可です。

 これを、このように設定し直します。
タイル設定・後

 星マークは、常にキャラクターの上にマップチップがくるようになることを表します。
 下矢印マークは、下のレイヤーと同じ属性になることを表します。
 一旦下矢印マークに設定し、その状態で「Ctrlキー」を押しながらクリックすれば、星マークなども同時に設定することが可能です。

 この状態で、まずレイヤー1をこうします。
レイヤー1

 通行不可にしたいところに、通行不可のチップを置きます。
 レイヤー1は隠れるので、通行不可のチップなら何でもいいです。

 そして、レイヤー2にさっきの壁チップを置きます。
レイヤー2

 すると、真ん中の1マスのみ通行可能な、すり抜けられる壁ができあがります。
 画像にキャラがいませんが、壁の下に入ってます。

 同じオートタイルを2つ登録して、一方を通行不可、もう一方をすり抜け用として使うのもいいかもしれないですね。
 すり抜け用だけだと、このチップを使うたびに下のレイヤーのことを考えないといけなくなるので。


 今回はこれで終わります。


2012/10/27/Sat 更新
2013/09/21/Sat 内容修正

inserted by FC2 system