なんか作って載せます

今月(11月)も、続けていろいろやっていきます。第10弾。

歩数によって発生するイベント【コモン】



 何歩か歩いたら起動するイベントを作ってみます。


 まず、歩数をカウントするにはどうすればいいかを考えてみましょう。

 現在いるマスを基準として、方向キーを押した後に、隣接するマスに移動していたら、1歩動いたってことになりますよね?
 つまり、現在の座標と移動後の座標、この2つが重要になります。

 常に歩数をカウントしたいので、「並列実行(常時)」のコモンイベントを作ります。

 そして作ったコモンイベントがこれ。
歩数カウントコモン

 流れとしては、歩数をピクチャ表示(させたくない場合は無しでOK)、現在座標取得、方向キーを押したかどうか、押した場合は移動後座標取得、現在と移動後の2つの座標を比較し、条件を満たしていれば歩数カウント+1、そしてラベルを使って最初に戻る、という感じです。
 (ラベルを用いることでループ状態を再現していますが、そもそも、常に処理を続ける「並列実行(常時)」なのでラベルは必要ありませんね。後から気付きました、すみません)

 では、10歩カウントされたらにわとりが出るように設定してみましょう。
10歩歩いたらにわとり出現

 間違っても、「10と同じ」にしないで下さい。それだと、歩数が「10の時のみ」しか、にわとりは出ません。
 必ず「以上」と設定し、にわとりが消えないようにします。

 まだいませんね。
検証1

 10歩歩いたところで、にわとり出現。
検証2

 これで、歩数によって動作や対応が変わるイベントとか、何歩以内でゴールに到着しなさいよみたいなイベントも作れると思います。

 ただ、このコモンには1つ問題があって、時々、歩数をカウントしない場合があります。
 特に、急に歩く方向を変えたりなど、方向キーを素早く操作すると、方向転換の瞬間の歩数がスルーされます。


 【追記】
 歩数をカウントするコモンイベントは、基本システム内のコモンイベント37番「ランダムエンカウント処理」を応用すれば簡単に作れます。
 詳しくは、歩数を数えてみる。【コモン】のページを参照。


 今回はこれで終わります。


2012/11/03/Sat 更新
2013/09/21/Sat 内容修正

inserted by FC2 system