なんか作って載せます

今月(11月)も、続けていろいろやっていきます。第13弾。

イベントとイベントが重なったら起動するイベント【EV】



 物を押して特定の場所に置いたらスイッチがONになって扉が開く、というイベントを作ってみます。


 必要な物は、まず「動かせる物」、そして「物を置く場所」、それと「スイッチ用変数」と「扉」の4つですね。

 1つずつ作っていきましょう。

 まず、「動かせる物」はこれ。木箱です。
木箱イベント

 主人公の向きによって動く方向を判別しています。
 斜め向きは操作性が悪いので、上下左右の4方向のみです。

 次に、「物を置く場所」。
床イベント

 このイベントを、床に設置しています。

 「スイッチ用変数」のV1-11が0の場合のみ起動。
 並列実行なので、常にこのイベントの座標と箱イベントの座標を取得しています。
 そして、X座標もY座標も重なれば、V1-11が1になります。
 箱を置いた後も箱は動かせますが、もう一度床の上に置いても、このイベントは起動しません。
 じゃないと、何度もスイッチがONになるイベントを見ることになります。

 ちなみに、このイベントは並列実行なので、イベント中にメニュー画面が開けてしまいます。
 キー入力の禁止設定などを使って対処するといいと思います。

 そして最後に、「扉」。
扉イベント

 これを、扉の位置に設置します。

 V1-11が0の時と1の時で、反応を変えます。
 0の時はメッセージが表示されるだけですが、1の時は鍵が開いているので、場所移動できるようになってます。
 場所移動の処理は入れていません。

 用意したマップはこれ。
サンプルマップ

 主人公の左側にある木箱を、右上にある黄土色っぽい床の上に乗せれば、上にある扉が開くという仕掛けです。

 木箱を押して床の上に乗せると、メッセージが表示されます。
スイッチON

 これで、スイッチはONになったので、扉が開くようになっています。


 実際やる時は、SEとかウェイトとか、そういった演出部分も凝ってみるといいでしょう。
 また、押す物も、石像にしてみるとか、いろいろ試してみて下さい。
 例えば、ある場所まで椅子を動かしていって、その場所に着いたら椅子の上に乗れるようになるとか、そういうのも作れるはずです。


 今回はこれで終わります。


2012/11/17/Sat 更新
2013/09/21/Sat 内容修正

inserted by FC2 system