なんか作って載せます

座標変更はシステム変数が鍵です。

選択肢ウィンドウや文字入力の座標変更



選択肢ウィンドウの座標変更と座標初期値


選択肢ウィンドウの座標を変更するには、システム変数の3番と4番の値を変更する必要があります。

初期状態では、選択肢ウィンドウは画面中央少し上に表示されますね。

では、以下のように設定するとどうなるか。

座標変更1

X座標もY座標も「100」にしました。

座標変更2

すると、このように表示されます。
だいぶ左の方に表示されましたね。

選択肢ウィンドウの座標の初期値は「X320:Y160」です(ゲーム画面サイズが「640×480」の場合)。

座標変更3

このように入力することにより、画面上にシステム変数の値を表示させることができます。

変数を呼び出すための特殊文字を使えば、セルフ変数や通常変数など、どの変数でも表示させることが可能です。


変更した座標をセーブデータに記録したい場合、あるコモンイベントを少しだけいじる必要があります。
それは、コモンイベント63番「メッセージウィンドウ」の45行目と46行目です。
この部分を消すか0回ループでくくれば、常時実行の並列コモンの処理から外れ、変更した座標がセーブされるようになります。

こうしたくない場合、選択肢を表示させる前に毎回座標を変更すれば済むことです。


文字入力の座標変更と座標初期値


文字入力っていうのは、これのことです。

座標変更4

イベントコマンド「文字列操作」で「キーボード入力」を選んで実行すれば表示されます。
これの位置を変えます。

文字入力の座標変更は、システム変数の40番と41番の値を変更することで可能です。

試しに、両方「100」にして実行してみましょう。

座標変更5

こうなりました。

文字入力の座標の初期値は「X150:Y400」です(ゲーム画面サイズが「640×480」の場合)。

ちなみに、文字入力の座標変更は、セーブデータに反映されます。


WOLF RPGエディター Ver.2.10 使用

2015/01/18/Sun 更新

inserted by FC2 system