なんか作って載せます

手が疲れない程度にしましょうね。

キー連打とそのカウント



一例として、特定のキーを決められた回数押せば開くドアを作ります。


イベントを調べるごとに連打回数を加算(カウント)していくので、ここでは「決定キー」を使うこととします。

また、マップ上に以下のようにイベント(ニワトリ)を置き、連打中に迫ってくるようにしました。

キー連打1

ドアに設置するイベント内容は以下。

1ページ目
キー連打2

まず、一番最初にドアのイベント調べた時、ドアが開かない状況とどうすれば開けられるかを簡単にメッセージとして表示します。
そして、セルフ変数0番を「1」にして、次からはイベントの2ページ目が起動するようにします。

2ページ目
キー連打3

そして、「キー入力」を用いて、「決定キー」を押した時のみ処理が進むように作ります。

決定キーを押すと音が鳴り、セルフ2に連打回数が加算されます。
あとは、これの繰り返しです。

そうして50回カウントされると、条件分岐の中身が処理されるというわけです。
ここでは、ドアが開いて場所移動という流れになっています。

ピクチャは、テスト用にカウント数を画面上に表示させるために入れているだけです。


ちなみに、マップ上に置いたニワトリイベントの中身は以下。

キー連打4

キー連打5

並列実行のイベントです。

「移動ルート」は「カスタム」で、「主人公に接近」を繰り返すように設定してあります。
「移動頻度」を「3:中間隔」にしているので、接近はゆっくりです。

イベント内のコモンイベントの中身は以下。

キー連打6

これは、ニワトリ(マップイベント)が主人公に隣接するマスまで移動したら、その結果を返すというコモンです。
主人公に隣接したら、呼び出しイベント側に「1」が返ります。

そして、ニワトリイベント内でそれを受け取り、捕まった時の処理に移るわけです。
捕まった時の処理は、即ゲームオーバーにしてもいいですし、どこかへ移動させられてもいいですし、いろいろありますね。


これで、迫ってくる敵に捕まる前にキー連打でドアを開けなければならない、というイベントが完成するわけですね。


WOLF RPGエディター Ver.2.10 使用

2015/01/24/Sat 更新

inserted by FC2 system