なんか作って載せます

様々な用途が考えられますね、これ。

「イベント起動」のアイテム



マップイベントやコモンイベントを、アイテムを使うことで起動させることができます。
一例として、コモンイベントを起動するアイテムを作ります。


まず、コモンイベントで起動させる内容を作ります。
ここでは、コモンイベント220番を使っています。

イベント起動のアイテム1

とりあえず、内容はこんな感じ。


そして、ユーザーDBタイプ2番「アイテム」にて、「メモ」というアイテムを作り、「効果のタイプ」を「イベント起動」にします。

イベント起動のアイテム2

そうしたら、「イベント番号指定」の項目に、使うコモンイベント番号「220」に「500000」を足した「500220」を入力します。

このDBタイプの【メモ欄】に、コモンイベントを指定するには500000から始めると書いてあります。
つまり、「500000」だとコモンイベント0番となるわけですね。

これで準備は終わりです。


では早速、アイテム欄から「メモ」を使ってみましょう。

イベント起動のアイテム3

このように、コモン220番に設定した内容が処理されます。


拾った書類アイテムや地図アイテムをいつでも見ることができるなど、様々な用途で使えそうですね。

何度も使えるアイテムにする場合、DBの「使用回数制限」を「無制限に使用可能」にしておくことを忘れずに。


WOLF RPGエディター Ver.2.10 使用

2015/01/25/Sun 更新

inserted by FC2 system