なんか作って載せます

これはいろいろと応用できそうです。

イベントとイベントが重なったら起動するイベント



以下のマップを用意しました。

重なったら起動1

左にある木箱を、右にある黄色の床の上に乗せたらクリアというイベントです。

まず、木箱イベントの内容は以下。

重なったら起動2

上下左右に動かすことのできるイベントです。

そして、床イベントの内容は以下。

重なったら起動3

常に2つのイベントの座標をチェックさせるため、「並列実行」に設定しています。
オプションの「すり抜け」にチェックを忘れずに。

木箱イベントを動かし、床イベントの上に乗せる(重ねる)と、メッセージが表示されて予備変数V9-14が「1」となり、クリアという流れです。


ここで注意しなくてはならないのが、座標チェックのイベントが「並列実行」という点です。
この例では、座標が重なった時の処理がメッセージ一つですからまだいいですが、もしこのクリア時の処理が複雑になる場合、ある問題が出てきます。

それは、処理中にメニュー画面が開けてしまうということ。

例えば、キャラクターを動作指定で動かしていても、結局「並列実行」で処理されていることに変わりはないので、ほかの操作ができてしまうんです。
下手をしたら、イベント中なのに自由に操作キャラを動かせてしまうなんてことも起きるかも。

それを防ぐためには、もう一つ別に「自動実行」のイベントを用意しておき、イベントが重なった瞬間に変数操作で起動させればいいんです。
上に載せたイベントで言うと、予備変数V9-14が「1」になったら起動ですね。

つまり、クリア時の処理を全てその「自動実行」イベントの方でやってもらうというわけです。
これなら問題無いと思います。


WOLF RPGエディター Ver.2.10 使用

2015/01/31/Sat 更新

inserted by FC2 system